ホームへ 田舎にいたって都会のように便利に暮らしたい!そんなあなたを応援します。

田舎で暮らす?メリット・デメリット

最近は都会から田舎でのんびり暮らしたいと移り住む人も多いようです。
私も都会から田舎へと移り住んだ一人ですが、田舎ならではメリットとデメリットが当然ながらあります。

まずメリットとしてはなんと言っても自然が沢山あるということでしょう。
自然があるゆえに空気もきれいです。
私はアレルギーの気管支喘息がありましたがこちらに来てからかなりよくなりました。
ただこれも土地によっては厳しさが伴います。
北海道の田舎ですと当然雪も多いし、暖房費や冬用のタイヤ、冬用の靴、とにかく冬グッズが必要。
雪との戦いはおそらく想像以上だと思われます。
その土地が本当に自分に合っているか何度も訪れたりするなどして確認した方がよいでしょう。

田舎に住むと生活費はおおむね都会ほどかかりません。
なんと言っても誘惑が少ないですから。
また、近所の人から野菜をもらったりで食費があまりかからない場合も多いようです。
ただし!田舎で働くとなると給料は都会の時よりも減る場合が多いようです。これはうちもそうですし、他のサイトなど見てもたいていそのようです。
仕事の種類も一次産業が多いのである程度限られます。
自営の場合もパイがすくないので上手くいかなかったり、お店の経営でも田舎の場合保守的で洒落たお店が流行らない傾向もあります。
その辺りもよく考えた方がよいでしょう。
ただ、かかる生活費も少ないですから収入が少し減っても平気とも言えます。

住宅環境は土地が安い分広い家に安く住むことが出来るでしょう。
ただ、田舎はニーズがないせいか築年数の新しい家はあまりありません。
古い家となると当然設備が古かったり虫が発生し易かったりします。
家を建てる場合は土地単価は安いのですが売っている単位が300坪など広大なことが多いのでとりあえず出費はかわらない可能性があります。

田舎では人付き合いが都会に比べてウエイトが重くなります。
私の知り合いでは都会にない人付き合いがあって今はこの土地を離れられないと言います。
その一方では人付き合いの濃さにプライバシーがないと土地を去る人もいます。
自分家の中のちょっとした出来事もいつのまにか知れ渡っていることもあります。
また田舎には昔ら受け継がれてきた慣習や伝統がある場合も多いです。
その辺り、柔軟になじんで行くか、自分の主張もしながらやっていくか...上手くやらないと負担になってしまうでしょう。

田舎で問題になるのは教育面です。
子供の頃は自然の中でのびのび育つのでいいのですが、高校など進学する場合ある程度の進学校へ行くとなると遠くまで行かねばなりません。
私の周りでも遠くの学校へ出している人もいます。

その他田舎で思うところは、田舎は食材は新鮮な物が手に入り易いですがお洒落なレストラン等はあまりない場合が多いですから食べたければ自分で作らねばならません。
ただ料理の腕が上がるというメリットあります。

自然があるのでアウトドアなスポーツやレジャーは思う存分出来ますが、映画や博物館など文化的な施設はないです。
また習い事やスクールも種類が少ないので興味のあるものは少ないかもしれません。

このようなメリットデメリットがありますが、少しでもデメリットを解消すべくこのサイトを作成してます。


 ホームへ ←back  next→ 田舎で便利に暮らすコツ

 

 Copyright (C)2005 inakagurasi All rights reserved.